自己破産は弁護士に即・相談【借金解決のポイント】

ギャンブルでの自己破産は可能?

大切なのは破産にいたる理由

 

自力で返済できない額の借金があった場合、誰しも自己破産の事が頭をよぎるでしょう。

 

自己破産をする事で、それまでの借金返済の義務が無くなるというだけでなく、人によっては
借金の取り立てから追われなくなるなど、精神的な負担も軽くなります。

 

自己破産はリストラに遭い借金をせざる負えなかった、事業が上手くいかず借金してしまった、連帯保証人になり借金の肩代わりをしなければならなくなったなど、

 

明確な理由があれば免責が下りる様になっています。

 

また専業主婦やニート、無職の方でも、きちんとした理由があれば自己破産は可能です。

 

「ギャンブルや浪費が原因」は注意

 

ただし注意したいのが、競馬やパチンコなどのギャンブル、趣味のショッピングなどでは、自己破産する事はできません。

 

ではギャンブルなどの借金では、絶対に自己破産できないのかというと、そういう訳ではありません。

 

ギャンブル依存症や買い物依存症などで、借金してしまったが、現在は反省し更生の余地があると認められれば、情状酌量で自己破産が認められるケースがあるようです。

 

ただし、このような借金の場合、裁判所の判断で大きく結果が変わるようです。

 

ですので、ギャンブルやショッピングなどの借金で自己破産したい場合、同じようなケースを担当した事のある、弁護士に自分は自己破産できるかどうか、
まずは相談してみる事をお勧めします。