自己破産は弁護士に即・相談【借金解決のポイント】

自己破産をする時の保証人に与える影響

自己破産をすると借金がゼロになり、支払わなくても良いというイメージがありますよね。

 

確かに借金をし申し立てを行った方は、借金の支払いい義務はなくなり金銭的はな負担は無くなります。

 

しかし、自己破産を行ったからといって、借金の支払いが無くなったという事ではないんです。

 

自己破産をすると保証人に、借金の支払いの請求がされるようになってしまいます。

 

しかも分割での支払いではなく、一括請求されてしまう為、債権者以上に保証人の方は金銭的な負担が生まれてしまうのです。

 

ですので自己破産をし保証人の方までも、一緒に自己破産してしまったというケースは少なくありません。

 

自己破産をしてしまうと、様々な社会的なデメリットやペナルティーが生じてしまう為、何も落ち度のない保証人の方までも
自己破産させてしまうのは、あまりにも酷いと言えるでしょう。

 

借金を整理するとなると、自己破産しかないイメージがありますが、債務整理には自己破産以外にも任意整理や個人再生と言った方法があります。
これらは借金の額を減らし、月々の返済を楽にする債務整理となっています。

 

自己破産のように保証人へ借金の請求はされないので、なるべく保証人に迷惑をかけない為にも、まずは自己破産以外に道は無いか
弁護士などに相談する事をお勧めします。