自己破産は弁護士に即・相談【借金解決のポイント】

自己破産による同時廃止事件と管財事件の違いとは?

まず自己破産について説明します。

 

自己破産とは様々な事情で債務を抱え、それが個人での支払い能力を越えて債務を履行することが困難となった場合、債務者は住所地を管轄する裁判所に出向き、破産の宣告をすることが出来ます。

 

それは債務者本人が多重債務を抱えている場合、連帯保証人が何らかの事情で多額の債務を抱えた場合など基本的にはそうなったかについての経緯は問題ありません。

 

破産宣告を裁判所に行い、それを裁判所の判断の上で破産相当と認められた場合に初めて自己破産が決定します。

 

それでは同時廃止事件と管財人事件についての説明です。

 

簡単に言えば財産のあるなしが関わってくる問題で、処分出来る財産が残っていない場合は同時廃止、それが残っている場合は管財人事件となります。

 

これについての大きな違いは同時廃止が認められた事件に関するその後の対応として、今度は免責の申請と言う手続きが、始まります。免責の申請を済ませ、債権者、裁判所双方の話し合いのもと、同意が認められた場合に初めて免責と言う決定がくだされ破産者になった事に生まれる不利益から解放されます。

 

管財人事件の場合、裁判所から管財人と言う者が選出され、それから処分出来る財産の選定、処分と言った流れになります。