自己破産は弁護士に即・相談【借金解決のポイント】

自己破産後の借入れについて

自己破産する最大のデメリットの1つに、金融事故としてブラックリスト扱いされる事から、約5年~10年間は信用情報機関に名前が掲載されます。

 

信用情報は日本全国の金融機関や貸金業者が共有する資料になるので、破産者には審査の時点で新たな貸付を行う事は殆どありません。

 

例えば手持ちのお金がない場合に、現金代わりになるクレジットカードでの支払いや、ローンを組む事が出来なくなる不便が生じます。

 

ですから住宅ローンを組んだり、車や携帯電話代金など大きな買い物が不自由なく出来るようになるのは、信用情報の事故情報が削除されてからになります。

 

そして破産手続きを弁護士に依頼する事によって、債務の取立てや請求をストップさせる受任通知を債権者に送られる事になりますが、債権者も受任通知を受け取った後は債務者が二度と借入れができないようにブロックする手続きを行います。

 

しかし完全に社内手続きが済むまでに一定の時間が掛かる為、この期間中に借入れ可能な時期が存在する事になります。

 

ですから自己破産手続きを弁護士に依頼した後は、決して新たな借り入れや、どんなに身近な人からの借金があったとしても勝手に返済を行ってはいけません。

 

このような事態が発生すれば、詐欺罪になる恐れがあるだけでなく、免責認可に不利になる免責不許可事由に該当してしまいます。

 

自己破産する事を決めたら、安易に借金するという考えは一切捨て、借入れができない期間は正しい金銭感覚を一から養って自分を戒めるのがベストです。