自己破産は弁護士に即・相談【借金解決のポイント】

自己破産にはどれだけの期間・時間がかかる?

借金の問題を解決できる債務整理の中でも、特に有名なのが自己破産ですよね。

 

自己破産はそれまでの借金がゼロになるので、借金問題を大きく解決できます。
自己破産は裁判所に申し立てする事で、借金を整理できるのですが借金が無くなるまでにかかる期間は、平均して約半年から1年と言われています。

 

1年もかかると聞くと長いなと感じるかもしれませんね。自己破産は、ただ単に裁判所に申し立てをするだけでは、借金を整理する事はできません。

 

まずは自己破産に必要な書類を作る為に、債権者からあとどのくらい借金が残っているかなどを記した、債権調査票を送ってもらう必要があります。

 

債権調査票を送ってもらうには、受任通知を送りましょう。

 

受任通知を送ってから1か月から2か月ほどすると、債権調査票が送付されるので、それに基づき書類を作成します。

 

そして、いよいよ裁判所に申し立てを行うのです。申し立てを行った後は破産審尋を受け、自己破産の開始が決定します。

 

破産審尋は借金の返済状況などを聞かれる面接のようなもので、この破産審尋で裁判所が借金を返済する能力が無いと認めたら、自己破産の手続きが決定するのです。

 

この時、財産が無い場合は同時廃止事件となり、そのまま免責の手続きに移りますが土地などの財産がある場合、管財事件となるので管財人を選出し財産を調べます。

 

財産がある場合は無い場合に比べ、ここで期間が伸びてしまうようです。

 

破産の手続きが開始された後は、免責の申し立てを行い免責審尋 を受け、免責が認められれば自己破産で借金を整理できます。