自己破産は弁護士に即・相談【借金解決のポイント】

自己破産による連帯保証人への影響

自己破産をすると債務が免除され借金が帳消しになるというイメージがありますが、債務は請求されなくなるだけで消滅するわけではありません。

 

ここで問題になるのが連帯保証人の存在です。

 

事業のために銀行からお金を借りる際に連帯保証人が必要になることがあります。

 

この連帯保証人は、お金を借りた本人が返済不能に陥ったときに代わりにお金を返す義務を負います。

 

もし、お金を借りた本人が自己破産をしてしまうと、銀行はもうその本人に返済を請求することができなくなります。

 

ただし、債務自体は消滅していないので連帯保証人への請求は可能です。

 

つまり、自己破産をしても借金が帳消しになったように見えるのは本人だけで、連帯保証人にとっては何も状況は変わっていないということになります。

 

さらに自己破産によって連帯保証人の立場は悪くなります。

 

自己破産というのは借金の支払いを拒否することと同義なので、分割払いの約束も同時に反故になります。

 

するとお金を貸した金融機関は分割払いの約束を守る必要がなくなります。

 

そして本人には請求できないので、借金の全額を連帯保証人に一括返済するように求めてきます。

 

連帯保証人になってはいけないとよく言われるのは、ある日突然巨額の借金の返済を求められるからなのです。