自己破産は弁護士に即・相談【借金解決のポイント】

自己破産できる?【浪費が原因の時】

自己破産には、免責不許可事由が存在します。

 

自己破産の申立てを行いその後、自己破産が必要かどうかと言う事をチェックされ
その際に免責不許可事由に該当する事柄がある場合は、自己破産を行う事が出来ない可能性もあるのです。

 

申立て後の面接では、様々なことを質問されます。
どうして自己破産を行うに至ったかと言う説明もしなくてはなりません。

 

浪費で借金を繰り返し、最後は首が回らなくなってしまったという方は非常に多いのです。

 

そういった経緯も、裁判官との面接で聞かれた場合は、しっかりと答える必要があります。

 

その際に、虚偽の申告をしても後々の調査で分かってしまいますから
自己破産の理由が都合の悪い浪費だとしても、きちんと申告するべきであります。

 

浪費を繰返した事による借金は、自己破産の申立てが棄却される恐れのある、免責不許可事由に該当します。

 

浪費が原因で借金を作っておきながら、自己破産をするとは都合が良いという方がいますが
まさにその通りであります。

 

しかし、現に金銭的に苦しく最悪の自体に陥ってしまっているわけですから
場合によっては、救済法案を利用でき、浪費が原因の借金でも自己破産を行う事が出来ます。

 

裁判官との面接の際に、更正の意思があるという事を伝える事はもちろん
前向きな姿勢を見せる事で、免責不許可事由に該当している浪費が原因で
自己破産に至ってしまった場合でも、免責許可が下され、債務を帳消しにする事が出来ます。