自己破産は弁護士に即・相談【借金解決のポイント】

自己破産手続きのメリット・デメリット

「お金が必要になり、金融会社からお金を借りたのは良いが支払えなくなった」

 

「借金を返しているせいで日常生活がまともに送れない」

 

など借金の返済が困難になった人の手助けとなる法律のひとつとして債務整理があります。

 

債務整理は、自己破産、民事再生、任意整理などがあり、個人の場合だと自己破産が一番馴染み深いです。

 

自己破産とは

 

自己破産とは、一定の価値ある財産を手放す代わりに、借金をすべて帳消しにするというものです。

 

メリットのほうが大きいと思われがちですが、一度適用すると通常は約10年くらい利用できなくなり、

 

ギャンブルなどが原因での自己破産での免責は100%おりるというわけではないので、気をつけてください。

 

自己破産のメリット

 

借金をすべて帳消しにできる。

 

自己破産のデメリット

 

一定の価値ある財産を手放す。

 

一定期間信用機関にブラックリスト入りされるので、クレジットカードは作れない。→ローンを組むことができなくなったり。

 

住所や氏名が官報に記載されます。

 

他には、自己破産の手続きが完了するまで特定の職業に就くことはできない。

 

住所を移したり長期の旅行は難しい。

 

自己破産後の生活で心がけること

 

一定期間は制限を受けますが、日常生活に支障があるデメリットはありませんので、

 

気持ちを切り替えて、二度と借金しない気持ちで仕事に取り組むと良いでしょう。

 

先ずは弁護士などの専門家に相談がベスト

 

自己破産の申請をしても必ず免責が下りるというわけではありません。

 

ネットで調べても限度がありますので、必要な場合は弁護士や司法書士に相談するのがおすすめです。

 

一人で悩まず、専門の人に相談して、借金返済のための糸口を見つけてください。