自己破産は弁護士に即・相談【借金解決のポイント】

自己破産の着手金を少しでも安くするにはどうすればいい?

"自己破産には着手金と呼ばれるものが存在します。これは弁護士に支払う報酬という部分と、実際に自己破産をするための金額を含めた金額となっています
高い所では相当な料金を取っている所もありますし、安い所ではそれなりに少ない金額でも自己破産を実現することができます。大切なのは相場を理解して、それより高いか安いかということです

自己破産の着手金の相場は、25万円当たりが目安と言われています。高くても30万円位と判断しておけばいいでしょう
基本的に実際に使用する料金が5万円程度で、後は報酬という形になります。弁護士には色々な弁護を依頼しなければならないため、報酬という部分での支払いをすることになるのです
安い所では20万円程度でも自己破産は可能となっています。色々な弁護士事務所を見て、自己破産にどれくらいの金額が必要なのか理解してください。そしてなるべく安い所を狙うといいでしょう
安い事務所の特徴としては、自己破産を扱っている経験が非常に多いということが挙げられます。そのため安心して利用できるという点も見逃せません

相場は25万から30万の間で、それ以上なら高すぎると判断してください。なお司法書士に依頼すると安くなることもありますが、その分不便な点も出てくるので注意してください"