自己破産は弁護士に即・相談【借金解決のポイント】

自己破産後の生活は借金していた時並に苦しい?

自己破産後の生活が、どう変わるのかというのは自己破産を行った時の状況によって異なります。

 

最も多いケースが、自己破産申立て時に借金以外の財産は何も持っておらず
処分するものもない同時廃止です。

 

こういった場合は半年程度、手続きに掛かりますが、処分するものは何もなく
家賃の滞納などをしていなければ、住まいもそのままに引越しの必要もありませんから
借金がなくなるという事以外に何か変わるという事はないのです。

 

しかし処分する財産(持ち家や自動車)などがある場合は、それらを処分し
債権者に分配してからでないと話は進まないのです。

 

それらを処分し終えたら免責許可を取るための手続きを行なえるようになるのです。

 

持ち家や自動車を処分する場合、その前に自己破産後に生活する住まいを探さなくてはなりませんし
自動車を使用して行なう仕事に就いている場合は、その後の事についても考えておかなくてはならないのです。

 

自動車に関しては、評価額が低い場合、処分を免れる事が出来るケースもありますが
価値があると判断された場合は、処分し換金しなくてはならないのです。

 

財産がある場合の自己破産の場合、持ち家などを処分しなくてはならなくなってしまいますから
そういったことも頭に入れた上で、自己破産の手続きを進めていくと良いでしょう。