自己破産は弁護士に即・相談【借金解決のポイント】

自己破産の条件について

自己破産は裁判所に申し立てを行い、借金を整理する債務整理です。
多くの方がご存じだと思いますが、自己破産を行うと借金の支払い義務が無くなり、実質的に借金をゼロにする事が出来る為、
借金問題に悩んでいる方の大きな助けとなる制度ですよね。

 

ただし、自己破産を申し立てたからと言って、必ずしも自己破産で借金を整理できるとは限りません。
まず裁判所が返済する能力が無いと、認めないと自己破産する事は出来ないのです。
しかし、借金返済の能力が無い場合でも、自己破産できないケースもあるので注意しましょう。

 

自己破産は裁判所での免責が認められなければ、借金を整理できないようになっています。
例えばパチンコや競馬などギャンブルによる借金や、ショッピングや旅行といった浪費による借金の場合、免責が下りず自己破産出来ないケースがあるのです。
ですので、これらの借金で自己破産を考えている方は、弁護士にまず自分のケースで自己破産できるかどうか相談しましょう。
自己破産に強い弁護士なら、ギャンブルや浪費による借金でも、整理できるかもしれません。

 

ギャンブルや浪費による借金であっても、裁判所が十分借金をした事に対して反省していると感じたら、
自己破産が認められるケースもあるようです。