自己破産は弁護士に即・相談【借金解決のポイント】

自己破産すると住宅ローンはどうなる?

みなさんはこれまでに自己破産をした事があるという人はほとんどいないと思います。

 

それはなぜかというと、多くの方は自己破産をした後にはそれ相応の不都合な事態が待っている事を知っているからです。

 

その中でも多くの方が自己破産をした後に一番心配しているのが自己破産後の住宅ローンだと思います。
中には自己破産についてよく知らないで平気で自己破産申請をしてしまってその後の生活がどうなるかまで考えていない人もいるかと思いますが、正直言って自己破産は国によってそれまでの借金を帳消しにしてくれるという有り難い面がある一方で、後の生活にそれなりの制約を受ける事も覚悟しなければなりません。

 

その中でも一番考えなければならないのが自己破産後は住宅ローンが組めなくなるという事です。

 

それも1年や2年という短い期間ではありません。10年間は住宅ローンを組むのは無理です。

 

ですから、みなさんも自己破産をされる時は慎重に検討をされるべきだと思います。そして、自己破産をした後はそれなり生活がしにくくなるという事も十分に覚悟しなければなりません。

 

その最たるのが住宅ローンを組めなくなるというものです。それはある意味当然の事と言えます。

 

それはどうしてかというと、自己破産をした人というのは結局借金を踏み倒した人だからです。ですから、銀行などからすればそんな危ない人に住宅ローンを組ませたくないと思うのは当然です。

 

なので、自己破産後住宅ローンは組めないです。